88ハウスは、4WD部品を中心とした開発・製造・販売を展開しております。

カテゴリ一覧

  • 友だち追加
HOME ≫  電子機器製品≫  直流安定化電源 AC/DCコンバーター

ハチハチハウス・直流安定化電源 AC/DCコンバーター「PS-305DM」

ハチハチハウス(88ハウス)直流安定化電源 AC/DCコンバーター
ハチハチハウス(88ハウス)製 直流安定化電源 AC/DCコンバーター

直流安定化電源 AC/DCコンバーター

ハチハチハウス
直流安定化電源 「PS-305DM」
◎ 室内で安全かつ確実に直流電源が取れます。
◎ 電圧・電流が一目でわかりやすい液晶デジタル表示。 スイッチ1つで「A」と「mA」を切り替えて 表示することもできます。
◎ 出力電圧0~30V、出力電流 0~5A まで調整して出力することができます。
◎ 定電圧、定電流機能が備わっているので、電圧が上昇した時に、比例して電流が下降する様子をメーターで確認することができます。
◎ LEDの製作、取り付け後の点灯チェック、検品作業等に。
◎ 電流の上限を決めて出力することも可能。
製品スペック
製品名 直流安定化電源 AC/DCコンバーター
品 番 L512
電流/電圧 最大5A 0V~30V
入力電源 200V /100V±10%で50Hz/60Hz
動作条件 温度0℃~40℃
相対湿度 < 80%
保管条件 温度-10℃~70℃
本体サイズ 275mm × 128mm × 150mm
重 量 5Kg
付属電源コンセント 日本仕様
販売価格 定価:25,000円(税抜)
  • ※ 本体の仕様、価格は予告なく変更する場合がございます。
警告/使用上の注意
下記の使用には十分注意してください。
故障又は本製品の機能面に支障が起こる可能性があります。
【 バッテリーへの充電器としての使用について】
・バッテリーへの充電器としての使用は、絶対に行わないでください。バッテリー充電器はバッテリーの特性に合わせて電力や電流を上下させる構造になっています。一定の電力を流すだけの弊社安定化電源では、そのプログラムがされていない為、本体に負荷がかかり、必ず故障します。バッテリーへの充電を行っての故障は保証対象外となりますので、ご注意ください。
【 警告 】
・本体の電源をオンにする前に、機器を接続しないでください。
この警告に従わない場合は本体や、機器にダメージを与えることがあり、保証対象外となります。
・機器の電源をオンにしたままで、本体の電源を切らないようにしてください。この警告に従わない場合は本体や、機器にダメージを与えることがあり、保証対象外となります。
【 取扱上の注意 】
・必ず入力する電源に合わせて、100Vまたは200Vに切り替えて使用してください。入力電源が正しくないと、正常に動作しなかったり、故障する可能性があります。
・温度が40℃を超えている場合は、本体を使用しないでください。
【モーター商品の使用についての注意 】
・モーター商品(ファンやポンプ等)は立ち上がりの電力に定格出力の3~5倍の電力を消費する場合があります。本体のアンペアを超えて頻繁に使用することで、機器が故障しやすくなります。モーター商品を使用し続けての故障は保証できないので、ご注意ください。また水中ポンプ等の使用は、必ず故障しますので、使用に関しては、保証対象外となります。
電圧調整の作業条件
1.出力電圧は0~30Vの間で調整ができます。
2. 電圧安定度: パワー安定性< 0.01%+3mV
 負荷安定度< 0.01%3 mV(最大電流< 3A)
 負荷安定度< 0.01%5 mV(最大電流> 3A)
3. 回復時間:
< 100μsで(ロードバリアント50%、最小負荷電流 0.5A)
4. リップル&ノイズ:
< 0.5m Vrms(5 Hz-1 MHz)(最大電流< 3A)
< 1.0m Vrms(5Hz-1 MHz)(最大電流 > 3A)
5. 温度係数:< 300 PPM/℃
現在の規制のための条件
1. 出力電流が連続して0から定格電流値に調整が可能
2. 電流安定: パワー安定性:< 0.2%+3mA
負荷安定性:< 0.2%+3mA
3. リップル&ノイズ:< 3mArms
特徴/動作内容
◎出力電圧を0.0V~30.0Vの範囲で調整して出力ができます。
◎出力電流を0.0A~5.00Aの範囲で調整して出力ができます。
◎定電圧/定電流機能
電圧の変化に応じて、本体が電流を調整します。たとえば電圧が上昇するにしたがって、電流が比例して下降していきます。
定電圧/定電流機能はフロントパネルのLEDによって、確認することができます。
◎LEDの点灯チェックにも!※HIDには使用できません。
◎電流の上限を決めて使用する場合電流を0~5Aの範囲で、上限を決めて使用することができます。
1.出力端子マイナス、プラスにリード線を接続し、マイナスとプラスをショート(短絡)させてください。
2.電流インジケータランプが点灯するまで、電圧調整ノブを回してください。
3.電流調整ノブを回して上限の電流を決めてください。
4.微調整を行うときは電流微調整ノブで微調整が可能。
5.マイナスとプラスのショート(短絡)を解除してから、機器につないで使用してください。