88ハウスは、4WD部品を中心とした開発・製造・販売を展開しております。

カテゴリ一覧

HOME ≫  二輪・四輪オートパーツ製品≫  Dr.燃費工場総合案内≫  

Dr. 燃費工場総合案内

ハチハチハウス(88ハウス)Dr.燃費工場総合案内

Dr. 燃費工場とは、燃料タンク内にいれることにより、ガソリンの質を変化させ、一酸化炭素やガソリン内の炭化水素などの未燃焼部分を大きく減少させ、排ガス中のNOxの生成を抑えます。
燃焼効率を劇的に向上させることで、燃費の向上ガソリン車20~40%/ディーゼル車10%前後)、パワーアップ、エンジンの耐久年数をアップさせ、環境にもやさしい(NOx・CO2の削減)商品です。また、効果継続期間は半永久的です。

Dr. 燃費工場の仕組み

なぜこのような効果が得られるのか

「Dr. 燃費工場」はガソリンタンクに入れるだけの簡単な取付けで効果が即、体感できます。(装着後5分程度のアイドリングをしていただくとなおベストです。)
「Dr. 燃費工場」がタンク内の燃料に浸ることによりガソリンの質を変化させ、燃焼効率を最大99.86%まで高め、NOxやCO2などの排気ガス削減を可能にすると共に燃焼向上とパワーアップを可能にします。

【 Dr. 燃費工場】には多種の金属からなる触媒が封入されています。この触媒が燃料に触れることにより、燃料の質を変化させます。燃料の変化により、一酸化炭素や燃料内の炭化水素などの未燃焼部分を大きく減少させ、排ガス中のNOxの生成を抑えます。

Dr.燃費工場のはたらき

Dr.燃費工場のはたらき

燃料の粒子自体を小さくして、燃焼効率を大幅に上げます。
投入したものこれにより未燃焼や排ガス生成を抑える働きを
起こします。

ハイオクに「Dr.燃費工場」を投入していないもの

ハイオクに「Dr.燃費工場」を投入していないもの

ハイオクに「Dr.燃費工場」を投入したもの

ハイオクに「Dr.燃費工場」を投入したもの

Dr.燃費工場の効果の源=触媒とは?

Dr.燃費工場の効果の源=触媒とは?

媒とはそれ自身は変化しませんが、他の物質の化学反応のなかだちとなって、反応の速度を速めたり遅らせたりする物質です。

【Dr. 燃費工場】に使用している触媒は30種の金属を用いた多機能触媒を、成分が複雑に配合する焼成技術で製造、触媒から溶出する多種の金属イオンが酸素を介して結合し、 燃えにくいカーボンを低分子化して燃えやすくする機能を果たします。

製品

Dr. 燃費工場

Dr. 燃費工場

多種の金属からなる触媒

φ14×58mm

◎ガソリン車用 (90Lまで)

定価:25,000円 (税抜)

◎ディーゼル車用 (100Lまで)

定価:35,000円 (税抜)

燃費効率比較グラフ

燃費効率比較グラフ

顕微鏡によるガソリン燃料顕微鏡 (倍率:10,000倍)

顕微鏡によるガソリン燃料顕微鏡 (倍率:10,000倍)

実車耐久試験後の気筒内 (倍率:50倍)

実車耐久試験後の気筒内 (倍率:50倍)